TOP > 観光情報 > 阿弥陀杉

阿弥陀杉

阿弥陀杉

見学アウトドア

樹齢1300年以上、県下最大級の国の天然記念物

高さ約38m、幹回り約13m、枝張り約38m
県下最大級の大杉として天然記念物に指定されています。
平成11年に台風18号の被害にあい、木の大半が折れてしまいました。
現在は残った部分を見ることができます。

また、折れた枝部分は町図書館の「あみだ杉の館」にオブジェとして飾られています。

幹の途中から十数本の大枝が立ち、その枝から無数の小枝にわかれる。
被害を受ける前の阿弥陀杉はまるで小さな森のようでした。

その姿が阿弥陀仏に見えることから「阿弥陀杉」と呼ばれるようになったと言われています。

阿弥陀杉

(倒れてしまう前の阿弥陀杉)

元の姿ではなくなりましたが、とても迫力があり、力強さが感じられます。
鍋ヶ滝の近くですので、ぜひお立ち寄りください。

住所
〒869-2502
阿蘇郡小国町大字黒渕99
その他情報
駐車場あり
RECOMMENDED TOURISM
おすすめの観光情報
ページトップへ